大阪 引越し業者 激安

大阪の引越し業者で激安なのはここだ!

引っ越し業者 大阪

引越し 業者 大阪

引っ越し 見積もり 大阪

引っ越し 価格 大阪

引っ越し 相場 大阪

 

大阪府の引っ越し業者を検索すると1100件、大阪市だけでも380件以上ヒットします。

 

こんなに沢山ある引っ越し業者の中から、1社だけに絞りこむのは大変な作業です。
でも、適当に選ぶというのも嫌ですね。

 

実はコンビニの時給が店によって違うように、引っ越し費用も会社によって結構違うのです。
比較しないで引っ越し業者を決めてしまうのは、実にもったいないです。

 

引越し業者 価格 大阪

 

でも、何度も引っ越し業者に連絡するのは面倒ですね。
今はパソコンやスマホで引っ越し業者に一括見積もりができます!

 

簡単便利なのに、利用料が無料なのでオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

 

 

 

運んで欲しい荷物の量やエレベーターの有無などの情報を1回入力するだけで、複数の引越し業者からの見積もりを取ることが可能です。
大手から地域密着の引っ越し業者まで、200社以上が参加しています。

 

一括見積もりなら、あなた自身の引っ越し相場や最安値が簡単にわかります。

 

サービス内容や引っ越し料金、スタッフの対応など総合的にみて、1番良い引っ越し業者を選んでくださいね。

 

簡単、便利なうえに利用料は無料の引っ越し業者一括見積もり、ぜひご活用ください。

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

 

 

引越し業者の繁忙期と費用

 

引越し繁忙期

 

引越し業者は3月が1番忙しいのです。
それは受験を終えた新大学生や就職活動を勝ち抜いた新社会人が4月の新学期を前に一斉に移動をするからです。
さらに人事異動で転勤が決まったサラリーマン家族もこの時期に引越しを行います。

 

これだけの要素があるので3月は引越し業者の繁忙期になるわけです。
繁忙期でも普通に引越しできるでしょうと思ったら大間違いです。

 

繁忙期は本当に忙しいので、場合によっては依頼を断られることもあります。
準備が遅い人は引越し業者が見つからないなんてことも有り得るそんな危険な時期なのです。

 

ですから繁忙期に引越しするのであれば、新居の住所が決まった時点で引越し業者一括見積もりを行いましょう。
複数の引越し業者にまとめて見積もりを取ることができるので便利です。

 

費用が安い、サービスが良いそんな条件の良い引越し業者からどんどん予約が埋まっていきます。
見積もりを取っただけで満足せず、必ず業者と契約しておきましょう。

 

 

引越しのおおまかな手順

 

引越し手順

引越しの大まかな手順を確認しておきましょう。
きっと役に立ちます。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

これだけ見てもすることがたくさんありますね。

 

引越し業者を早く決めてしまいたいところですが、新居の場所が決まってからでないと正確な価格が出せません。
なぜなら新居のエレベーターの有無やトラックを停められる位置などによっても引越し料金が異なるからです。

 

次は不用品を処分しましょう。
引越し前は忙しいのでとりあえず新居に持って行ってゆっくり分別したい気もしますが、いらないものを運ぶにも費用がかかるのでお金が勿体ないのです。
売ったり、あげたり、捨てたりと処分をするにも時間がかかるので、早めに動いてくださいね。

 

さて引越し2週間前になったら、市町村役場に行きましょう。
市外への引越しの場合は転出届を提出します。これを出さないと新居での手続きが進みません。
役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などのインフラ設備ですが、これらは引越し日までの費用を日割りで精算してもらうことができます。
手続きの方法は会社によって異なりますので、各会社に連絡をして引越し日をお伝えください。
もし市内引越しなら同じ日から新居で電気・ガス・水道が使えるようになる手配をしてもらいましょう。

 

郵便物が新居に届かないのは非常に困ります。
最寄りの郵便局に行って、転送届を提出すれば1年間は新居に転送してくれますよ。
その間に引越しハガキやメールで、友人や知人に引越ししたことをお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
しかし貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは自分で運ぶようにしてください。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届が必要です。
引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
これらはうっかり忘れてしまうので、早めに行ってくださいね。

 

 

引越しの挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたら、早めにご近所に挨拶に行きましょう。
早めといってもタイミングが難しいですよね。

 

挨拶に行くのは「引越し当日」が一般的なのだそうです。
しかし新居への到着が遅くなった場合は、遅い時間の挨拶は逆に非常識になるので翌日にしましょう。

 

当日のせよ翌日にせよ、早めに挨拶に行くのが良いですね。

 

では、どこのご近所まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

一軒家なら向こう3軒両隣、つまりお向かいさんとその両隣、自分の家の両隣の合計5軒に挨拶に行きましょう。
また一軒家にはマンションのようなゴミ収集場がない場合が多いため、ゴミ当番が回ってくることもあります。
町内を管理されている自治会長さんにも挨拶しておくと良いかもしれません。

 

マンションやアパートなら左右上下の部屋の合計4軒に挨拶に行きましょう。
他にも管理人さんや大家さんが近くに住んでいるなら挨拶しておくと良いですね。

 

手ぶらで行くよりは、500〜1000円程度の簡単な粗品を用意しておくのがおすすめです。
タオルや洗剤、お菓子やコーヒーや紅茶などの消耗品が人気です。

 

 

引越し業者のオプション

 

引越し オプション

 

引越しは荷造り・運搬・荷解きが主な仕事ですが、それ以外にも必要な人だけが付与できる有料のオプションがあります。
引越し業者が扱っている有料オプションサービスには次のようなものです。

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

たくさんあるように見えますが、実は1社だけでこんなにオプションサービスがある業者はありません。
ということは、どんなオプションサービスを利用したいかで業者の選び方が変わりますね。

 

これらの中でもっとも依頼数が多いのは、エアコンの移設なんだそうです。
エアコンは高価ですし、最近はエアコンが2〜3台あるご家庭も多いですから、新居にも持って行きたいと思われるでしょう。

 

しかし引越し前に取り外してもらって、引越し後に取り付けてもらうなんて、2回も自分で電気業者を探して契約するのは面倒です。
引越し業者にオプションで依頼するのが一番カンタンです。

 

また、ピアノをお持ちの方はオプションで依頼するのをお忘れなく。
実はピアノを運搬できない引越し業者もあるので、必ず契約前にピアノが運搬できるのか確認しておいてください。

 

盗聴器の捜索などという物騒なオプションもありますが、これは前の住人ターゲットで仕掛けられていることも考えられます。
気になる方は調べてもらうと安心です。